自動改札機の通貨以外にもSUICAができる防犯方法

SUICA 防犯

お子さんの通学・通塾・習い事・お友達とのおでかけなど電車利用の際にSUICAでお子さんの防犯ができるサービス「まもレール」のご紹介をします。「まもレール」は、お子さんがSUICAでJR東日本の駅の自動改札機を通過すると、親御さんへ「通過時刻・利用駅・チャージ残額」が通知される見守りのサービスとなっています。お子さんの居場所確認だけでなく、残額確認やお迎え時間の予定が立てられるなど大変便利に利用できて親御さんは安心できます。いつも使っているお子さまのお名前がカードに印字されているSUICAがあれば、「まもレール」専用の端末などの購入は一切不要なので、お子さんがいつも通りに改札を通過するだけで通知が届きます。サービスの対象者は小学生・中学生・高校生(満18歳の3月31日まで)となっています。

SUICAから届く親御さんへの安心メッセージ

一人きりの通学は子どもだけではなく、親自身にも心配と不安がつきまといます。携帯電話に連絡しても充電が切れていたり、登下校通知メールもうっかり忘れたり。小学生はまだまだ、心もとないことも多いものですね。「まもレール」はSUICAで改札を通過する際に通知が届くので子どもの「うっかり忘れ」もなく、自宅または学校などの最寄り駅からの通知により、心配や不安を取り除いてくれます。自宅の「最寄駅」、目的地の「降車駅」など、改札を通過するごとにメールでお知らせすることでお互いの心配や不安を軽減します。改札を通過した時間から帰宅時間の目安を知ることもできます。子どもが電車に乗るおおよその時間が分かることで、防犯面以外にもお迎えや買い物など家の用事を済ませたり、親御さんの時間を計画的に使うことができますね。

利用金額は1人たったの月500円でお財布にも優しい

改札通過通知だけではなく、チャージ残額もメールでお知らせされて、残額を見える化することで、残額不足になる前にチャージすることができます。利用金額は1人月額500円とお財布に優しく、初期費用も必要なく、親御さんとしてはうれしい料金設定ですね。小学生になると、お子さんの行動を逐一確認することは難しくなりますし、通学に慣れてくると、学校を出てから友達とゆっくり歩きながらおしゃべりをして帰るなど、子供たちの世界ができあがってきて、親御さんは、学校からなかなか帰ってこないと心配で不安になりますよね。そんな時には改札の通過履歴から子どものおおよその居場所を推測することができますので安心ですね。ぜひ毎日のお子さんの見守りにSUICAで防犯ができる「まもレール」を取り入れてみてはいかがでしょうか。