子供の防犯対策にSUICAで自動改札機の通過がわかる

SUICA 防犯

子供が一人で行動するようになると不安がつきものです。しっかりしていても、携帯を忘れたり、連絡することを忘れていたりします。けれど、どこで何をしていたのかうるさく問いただすことも問題です。そこで、ちゃんと無事に目的地にたどり着いたか分かる方法があれば頼もしいですね。電車で移動する場合、SUICAによる防犯が役に立ちます。SUICAであれば電車に乗る時に必ず使用します。忘れていくと乗る事すらできません。SUICAを改札に通すと自動的に登録された携帯に連絡が入ります。自宅の最寄駅を通ると連絡が来るので、無事に駅に着いたことが分かります。また、目的地の降車駅で通過した時にもお知らせが届くので安心ですね。子供の自立を促すためには見守ることが一番です。その方法の一つとしてSUICAを使用してみましょう。

子供の自立を促す防犯対策に最適

SUICAを使用すると連絡が入る事で、今から電車に乗ることが分かります。そこから到着時間を逆算し、自分がそれまでに家に帰ることができればいいなと予定を立てることができますし、帰ったころを見計らって家に電話してみるのも良いでしょう。そうすることで、家に帰ったことの確認ができます。自立を始めた子供は束縛を嫌います。しかし親としてはいつまでも心配になります。少し帰りが遅いと、何か犯罪に巻き込まれていないか、どこかで倒れていないかと心配になりますね。ですが、事細かく行動を監視されると子供も息が詰まりますし、反発もあるでしょう。駅に到着したら必ず連絡をしなければならないというような連絡を決めると、子供もストレスが溜まります。そこで、適度の距離を取ることができるSUICAの防犯は役に立ちます。

SUICAの通過情報を確認する方法

SUICAによる連絡の受け取り方法は2種類あります。改札通過時に情報をメールで通知される方法と、アプリによる通知方法があります。メールによる方法は、携帯会社が提供しているメールアドレスによる連絡が望ましいですがパソコンによる他のプロバイダーのメールアドレスにも送信が可能です。登録メール先は2つ指定できます。1つ目は同居の親のアドレスを登録しますが、2目は同居である必要はありません。アプリの場合は申し込み後に登録が可能になるので便利です。そして、駅を通過した時にくる連絡と同時にチャージ残高も表示されます。子供に聞くことなく残高が分かるとチャージ忘れがなくなり安心です。申込時は子供が利用する路線がサービス対象であるかの確認が必要ですが、サービス対象路線だった場合は有効的な防犯対策になります。