実はSUICAでこのような防犯ができます

SUICA 防犯

SUICAで防犯ができるまもレールというサービスをご存知でしょうか。このサービスはJR東日本が展開するICカードSUICAを使って子どもの安全を守るために考えられたサービスです。子どもが電車通学をしている親にとって、子どもがちゃんと学校や塾に行っているのか、また、ちゃんと帰ってくるのかどうか不安になることがあると思います。帰りが遅かったりすると途中でトラブルに巻き込まれていないか、考えれば考えるほど不安になってしまうこともあるでしょう。かといって、親がどこまでも一緒について行ったり、GPSで監視することは現実的ではありません。まもレールは普段使っているSUICAをサービスに登録するだけで、子どもが改札を通過したタイミングでメール通知してくれます。まもレールは子どもを持つ親の心配を軽くしてくれる新しい防犯サービスです。

SUICAを持っていれば登録するだけで使える

現在子どもがSUICAを使っている親は防犯のためにもすぐに登録しておきたいまもレールですが、SUICAのほかにPASMOでも登録できます。ただし、いずれも記名式のICカードであることが条件です。記名式であれば一般券、定期券のどちらでもサービスに登録可能です。登録はJR東日本のホームページから簡単に行えます。必要事項と本人確認書類のデータをアップロードすれば、サービスへの手続きが完了します。JR東日本管轄外の路線に乗り換える場合などは通知が来ないため、サービスに登録する前に通知対象外の路線を使っていないかどうかを事前に確認しておくことをおすすめします。通知方法はメールかJR東日本アプリかのどちらかを選択することができるので、利用しやすいほうを登録すればよいです。登録初期費用は掛からず、毎月の支払いも一人当たり500円とリーズナブルなので家計への負担も少ないです。

子どもと親のどちらも安心できるシステム

まもレールを使えば、子どもがSUICAを使って改札を通過したタイミングで親に通知が届きます。これで、子どもの行動を把握できるようになるため、防犯にもつながります。SUICAを使う子どもにとっても、普段通り違和感なく行動できるように配慮されています。GPSのように逐一居場所を特定されている束縛感がなく、親に行ってくる場所や帰る時間を事細かに連絡する必要がなくなるため、ストレスなく行動することができます。まもレールからの通知は帰宅までの目安の時間も教えてくれるため、子の帰りを待つ親にとっては安心なサービスです。また同時にSUICAのチャージ残高も通知されるため、残高が無くなる前にチャージすることができます。携帯を忘れたりして連絡が取れなくても普段通りのルートで行動していれば親に通知がされるので、この点も安心ですね。

当社の見守りサービスは、JR東日本とセントラル警備保障の共同事業となります。 お子さま1人、通知先1箇所で月額制となっており、比較的安価なサービスとなっております。 時期によっては、お得なキャンペーンも実施しております。 電車を利用する際に必ず使う「ICカード」で見守りができます。新しい見守り用の端末の購入は不要ですのでご安心ください。 SUICAでお子様の防犯対策をするならまもレール!